頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » 頸部脊柱管狭窄症が治せる病院リスト【東京近郊】 » 品川志匠会病院

品川志匠会病院

頸部脊柱管狭窄症の治療で実績の高い医療機関のひとつである、東京の品川志匠会病院について紹介しています。

頸部脊柱管狭窄症の名医がいる品川志匠会病院

品川志匠会病院品川志匠会病院は、手足のしびれ・腰痛・肩こりなどをはじめとした首・腰の治療専門の病院です。

2013年に開院したばかりで、最先端の設備をそろえており、最新の高度な治療を受けられるのは大きな魅力でしょう。

2014年現在において、立位MRI、全身撮影X線(EOS)の双方を備える国内唯一の病院であり、脊椎専門病院である医療機関も、国内では品川志匠会病院だけとなっています。

加えて、品川志匠会病院の理事長でもあり、脊椎疾患の名医として知られる大田快児医師は豊富な実績を持つ熟練のドクター。これまでに手がけてきた脊椎手術の執刀件数は5,000件以上にも上ります。

在籍医師の執刀実績だけでなく、看護師をはじめとした所属スタッフにも専門性の高い人材がそろっているため、総合的に高度な頸部脊柱管狭窄症治療を受けることが可能なのです。

首・腰治療専門だからできる高度な技術力

こうした熟練の医療スキルの高さは、手術後の退院までの期間にも表われています。

首の除圧なら7日程度、腰の固定術でも7日~14日程度で退院でき、頚椎椎間板ヘルニアの手術にいたっては、個人差はあるものの、翌日退院が可能なケースも。

また、一時的な症状をのぞいて、「術中操作によるミスで、恒久的に車イス生活となった例はない」というのも、技術力の高さを証明しているでしょう。

経験・実績豊富なスタッフがそろう、首や腰などの脊椎に特化した専門病院だけあって、患者へのホスピタリティも十分。

患者の不安を少しでも取り除けるよう、1人ひとりのスタッフがそれぞれにできる仕事を丁寧にこなし、優しくサポートしてくれます。

さらに、志匠会グループ内では、治療方針を統一するため、10年近くに渡ってチーム医療に取り組んでいますので、どの医師にあたっても安心です。

このように、最新設備・機器と専門医の医療技術、スタッフのおもてなしの心が、品川志匠会病院で頸部脊柱管狭窄症の治療を受けた人たちの評判となっています。

品川志匠会病院

  • 名称/品川志匠会病院
  • 所在地/東京都品川区北品川1-29-7
  • アクセス/京浜急行「北品川駅」から徒歩5分
  • 代表的所属医師/大田快児医師
  • 受付時間/8:00~12:00、14:00~17:00