頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » 頸部脊柱管狭窄症が治せる病院リスト【東京近郊】 » 横浜市立みなと赤十字病院

横浜市立みなと赤十字病院

頸椎症性脊髄症の治療で定評のある病院のひとつ、横浜市立みなと赤十字病院についてまとめています。

頸椎症性脊髄症治療・横浜市立みなと赤十字病院の評判

横浜市立みなと赤十字病院2005年、市立病院として開院した横浜市立みなと赤十字病院は、地域に根ざした質の高い医療を提供。

中でも高齢化を見据えた循環器内科・外科、そしてなにより脊椎脊髄外科の評判が高く、県内屈指の症例数を誇っています。

2013年度には診療科を23科から36科に増やして、患者さんたちの受け入れ体制を強化しました。

頸部脊椎管狭窄症をはじめとする脊椎疾患では、4名もの専門医が治療にあたっており、患者さん一人ひとりにあった質の高い治療を提供できる体制を完備。

2010年の診療実績によると、整形外科(整形・脊椎外科、整形・関節外科)の手術合計数は1,038件。

このうち脊椎関連(腰部・腰椎含む)の手術は297例となっており、実績の面は折り紙つきです。

主に行われる手術は、脊椎・上下肢の骨折手術・頚椎の除圧・固定を行う手術、椎間板ヘルニア摘出手術、前十字靭帯再建術など。

もちろん手術以外にも、患者さんに応じた適切な治療方法を提案してくれます。とくに紹介での来院が多いとのことですが、外来受診は紹介状がなくても受け付けてくれるそうです。

他院の治療で効果が見られず、セカンドオピニオンに訪れる患者さんも少なくないようなので、長引く治療に悩んでいる方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

横浜市立みなと赤十字病院

  • 名称/横浜市立みなと赤十字病院
  • 所在地/神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
  • アクセス/市営バス「みなと赤十字病院入口」下車から徒歩3分
  • 代表的在籍医師/小森博達医師
  • 受付時間/8:15~11:00 ※午後の一般診療のある科は、8:30~15:00