頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » なっとく!頸部脊柱管狭窄症の治療マニュアル

なっとく!頸部脊柱管狭窄症の治療マニュアル

頸部脊柱管狭窄症の苦しみから解放されるための、治療法を紹介しています。

頸部脊柱管狭窄症の治療方法を調査しました

人間のからだのなかでも、とくに重要な部位である首。

頸部脊柱管狭窄症はその首を患部とするだけに、治療にも高度な医療技術が求められます。

腹痛のように薬を服用すれば治まるというわけでもありませんし、骨折のように時間の経過とともに患部がもとに戻る、という病気でもありません。

頸部脊柱管狭窄症を治療するには、根本的な原因を取り除くしか方法がないのです。

つまり、手術によって原因を除去するわけですが、ひとことで頸部脊柱管狭窄症の手術といっても、実はいくつもの方法があります。

後方椎弓拡大形成術や頸椎後方除圧固定術、前方固定術など、個人個人の症状や患部にあわせて、もっとも適した手術方法がとられるわけです。

頸部脊柱管狭窄症にはどのような手術法があり、どのような流れで治療するのかを知ることで、治療計画もスムースに立てやすくなるでしょう。

もちろん、治療費についても気になるところ。手術方法が変われば、入院期間も変わってきます。
入院期間が変われば、それだけ総費用にも差が出てきます。

そのあたりの手術費用目安についてもまとめていますので、あわせてチェックしてみてください。

頸部脊柱管狭窄症の装具療法とは

頸部脊柱管狭窄症には、装具療法という治療法があります。

装具療法は、狭窄した部位を物理的に固定することで、神経や脊髄の圧迫を避ける治療法です。

自分の意思だけで安静を保つのは大変ですが、装具を利用すれば効果的だといえます。

使用する装具には、既製品で扱いやすい頸椎カラーの他、支柱付で固定力の高いものなどいろいろな種類があります。

自分に適した装具を正しく使うためにも、専門医を受診して診断・処方を受けることが重要です。

>>頸部脊柱管狭窄症の装具療法とは

頸部脊柱管狭窄症における温熱療法の効果とは

頸部脊柱管狭窄症には、「温熱療法」という治療法があります。

温熱療法は、痛む患部や痛みの原因となっている部位を温めることによって、症状を緩和しようとする理学療法の一つです。

血行が良くなることで筋肉の拘縮が改善され、患部に感じる痛みやしびれの軽減が期待できます。

痛みが強いときは避け、専門医に相談の上で慎重に行う必要がありますので、自己判断による実施は避けましょう。

>>頸部脊柱管狭窄症における温熱療法の効果とは

頸部脊柱管狭窄症の治療法とは?通電療法を解説

頸部脊柱管狭窄症で行われる「通電療法」では、脊椎付近に電極を埋め込み電気的な刺激を送ることによって、患部の痛みを緩和させることができます。ただし、しびれに関しては効果を期待できないので注意が必要です。

埋め込む電極はごく小さなものであり、取り外しも容易いので安全面から心配するようなことはありませんが、専門的な知識が必須となるため、病院選びをしっかりと行うことが大切です。

>>頸部脊柱管狭窄症の治療法とは?通電療法を解説

コンテンツ一覧