頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » なっとく!頸部脊柱管狭窄症の治療マニュアル » 治療にかかる費用を知る

治療にかかる費用を知る

気になる脊柱管狭窄症・頸部脊柱管狭窄症の治療費用についてまとめました。

脊柱管狭窄症・頸部脊柱管狭窄症の手術費用

 

「脊柱管狭窄症・頸部脊柱管狭窄症の治療は何科でするのか?」

このような疑問をたまに耳にしますが、一般的な病院の場合、整形外科脳神経外科などで行なわれます。専門性の高い病院なら、担当医にお任せすれば問題ないでしょう。

では、どれくらいの手術費用がかかるのでしょうか?

病名 費用相場
脊柱管狭窄症
頸部脊柱管狭窄症
25万円~60万円程度
※入院の必要あり

おおよその費用は上記の通りですが、手術方法によって費用にも差が出てきます。
場合によっては、高額医療制度を利用するといいでしょう。

類似しているそのほかの治療法の費用目安

入院期間が5日~7日ほど必要な頸椎椎間板ヘルニア前方手術だと27万円~40万円ほど、10~15日の入院がある頸部脊柱管狭窄症は、23万円~30万円くらいかかるようです。

また、頚椎症性脊髄症において、脊椎固定術が60万円程度、椎弓形成術が45万円程度かかるところもあります。

個人個人の症状や手術方法によって、治療費に数十万円も幅があり、「頸部脊柱管狭窄症の治療」といっても、ひとくくりに手術費用を出せないのが現状といえます。

当然、入院期間が長くなるほど、治療費も高額となる傾向にあります。

現在では、だいたい1~2週間程度で退院できることも多いようです。短い場合だと、5日から1週間で退院できるケースも…。

上記で紹介した手術費用は、あくまでひとつの目安です。

前述のように手術内容のほか、症状の軽重、治療を受ける医療機関やリハビリ施設によって、最終的な総額も変わってきます。

頸部脊柱管狭窄症の治療を受ける前に、あらかじめ病院で確認しておくと安心でしょう。

頸部脊柱管狭窄症の治療をするなら
おすすめの病院ランキングを見る