頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » なっとく!頸部脊柱管狭窄症の治療マニュアル » 頸部脊柱管狭窄症の神経ブロック療法

頸部脊柱管狭窄症の神経ブロック療法

神経ブロック療法とは?

痛みがある部位の神経に麻酔薬を注射することで、痛みの伝わりを遮断する保存療法が神経ブロック療法です。

神経ブロック療法は、中等度から重度の痛みとしびれを素早く解消できるため、薬物療法や通電療法などで効果を実感できなかった人に向いています。しかし、いくつかリスクもあることから、中には不向きな人もいます。

神経ブロック療法には「神経根ブロック」「硬膜外ブロック」があるので、具体的にどういったものなのか見ていきましょう。

神経ブロック療法の種類

硬膜外ブロック

脊髄の外側の硬膜外腔に麻酔薬やステロイド剤を注入して、神経をブロックすることで症状を抑える方法です。つまり、神経を包んでいる硬膜に注射を打つ方法のことです。

まず、針を刺す部位に麻酔を行い、次に硬膜外腔まで針を刺し進めて薬液を注入します。ここまでおよそ10分ですが、その後およそ1時間は安静にしなければいけません。

神経根ブロック

硬膜外ブロックでも改善できない強い神経痛に対しては、「神経根ブロック」を行います。硬膜に麻酔薬を打つ硬膜外ブロックに対して、こちらは神経に直接麻酔薬を打ち込むため、硬膜外ブロックよりも鎮痛・消炎効果が高いです。

特定部位を明確にするために、事前に造影剤を注入して神経の走行を確認します。治療の所要時間は硬膜外ブロックと大差なくおよそ15分となっていますが、主に入院患者を対象に行っています。

神経ブロック療法を受ける前に

神経ブロック療法は頸部脊柱管狭窄症の痛みに悩む人にとって、とても効果的な保存療法ですが、いくつか副作用もあります。

頸部の神経に麻酔薬を打つときの強い痛みに加えて、血圧低下、アレルギー、感染、出血、場合によっては神経障害が起こる可能性もあるのです。

重篤な副作用が起こる確率は0.001~0.02パーセントと低いため、あまり心配する必要はありませんが、それでもリスクはゼロではありません。

神経ブロック療法を受ける場合は、信頼できる医師がいて、設備も整っている実績豊富な医療機関を選びましょう。

他の保存療法であまり改善効果を実感できなかった人は、治療効果の高い神経ブロック療法を検討してみてください。長年のしつこい痛みを軽減できるでしょう。