頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » なっとく!頸部脊柱管狭窄症の治療マニュアル » 手術方法と成功率

手術方法と成功率

頸部脊柱管狭窄症の治療では、どのような手術方法があるのでしょうか。また、気になる手術の成功率についても調べました。

おもな頸部脊柱管狭窄症の手術方法

頸部脊柱管狭窄症の症状には、個人差があります。首がひどく痛むけれど、手のしびれがない人もいれば、その反対の症状をうったえる人も…。

個人個人の症状に合わせて、最適な方法で治療をする必要があるため、頸部脊柱管狭窄症にはいくつかの手術方法があります。

その中でも、一般的に多く採用されることの多い手術方法について、特徴をまとめてみました。

頸椎前方固定術

前方から脊髄や神経根を圧迫する症状に対してとられる手術法。首を前方から切開し、脊髄や神経根を圧迫しているヘルニアや椎間板などの要因を除去します。

椎間板を摘出した空間を埋める必要があるため、骨や金属製のネジなどでスペースを充填し、脊椎を固定する手術も同時に施します。

脊椎を圧迫する要因を直接取り除くことが可能なことから、スムースな症状回復が見込める手術方法です。

椎弓形成術

脊柱管拡大術ともいわれる手法。椎弓に切り込みを入れて切開し、その開いた隙間に別の部位の骨や人工骨を押し入れて脊柱管を拡大し、脊髄を圧迫から解放する手術方法です。

椎弓形成術の中でも、椎弓を開く方法で縦割式と片開き式とに分類されます。

縦割式は、椎弓の正中で開く方法で、片開き式は椎弓の片側だけを切りこむことでドアのように開く方法です。

 

手術の成功率は?専門の医療機関での治療を

いずれにしても、頸部脊柱管狭窄症は専門性の高い治療となります。

頸部の治療を専門とする病院や、より多くの頸部脊柱管狭窄症手術の実績がある医療機関を選ぶことも、手術を成功させるポイントといえるでしょう。

首という極めてリスクの高い部分へメスを入れるわけですから、数多くの症例を持つ病院、または名医に診察・執刀してもらうようにしてください。

頸部脊柱管狭窄症の治療をするなら
おすすめの病院ランキングを見る