頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » なっとく!頸部脊柱管狭窄症の治療マニュアル » 頸部脊柱管狭窄症の薬物療法・その他療法についての解説

頸部脊柱管狭窄症の薬物療法・その他療法についての解説

頸部脊柱管狭窄症の治療では保存療法と理学療法を行う

外科手術を必要としない整形外科疾患では、痛みや腫れを抑えるための対症療法として「保存療法」が行われます。

例えば、「腰や首が痛くて整形外科を受診したけれど、湿布と痛み止めだけを処方されて帰ってきた」とういう経験はありませんか?

「もう少し様子を見ましょう」と言われた場合、そのほとんどが保存療法であると言えます。頸部脊柱管狭窄症の保存療法には、主に薬物療法と理学療法があるので詳しく見ていきましょう。

薬物療法

頸部脊柱管狭窄症の保存療法の1つに薬物療法があります。薬物療法はあくまでも痛みや腫れを抑え、症状の悪化を防ぐものです。

症状の進行具合を医師が判断して行うものなので、「忙しくて受診できないから、市販の鎮痛剤で我慢しよう」と自己判断で行ってはいけません。

薬物療法では、「鎮痛剤」、「筋弛緩薬」、「循環障害改善薬」、「ビタミンB12」、「抗不安薬」が用いられます。

これらの薬には胃腸障害や眠気、出血しやすくなるなどの副作用が現れる可能性もあるため、通常は薬物療法だけを続けていくのではなく、他の治療方法と併せて実施していきます。

痛みを和らげるのに効果的な薬物療法ですが、重い症状には向いていないというデメリットもあります。症状が重くなるに従って、鎮痛剤の効き目が低下するからです。「痛みが酷いから、もっと強い薬を」と考えるのではなく、症状に合った治療方法をその都度検討していきましょう。

装具療法

薬物療法以外の保存療法として、装具療法があります。装具療法では、狭窄が起こっている頸椎部分に「軟性コルセット」を巻いて、狭窄を軽減できる位置で頸椎を固定します。

これにより、神経と血管を束ねる脊柱管による圧迫を軽減して、症状の悪化を抑えられるのです。ただし、長期間軟性コルセットを着用することで筋力の低下を招く可能性があるため、医師と相談して行うことが大事です。

温熱療法

温熱療法は、頸部を温めることで頸部脊柱管狭窄症の症状を和らげる保存療法です。

ただし、急性期の症状に実施してはいけません。

頸部脊柱管狭窄症の初期の激痛は、患部での炎症が原因です。このときに患部を温めてしまうと、炎症が酷くなり症状が悪化してしまいます。

「いつ頃から痛みやしびれが起こっているか」、「痛みはどのくらい強いか」をきちんと医師に相談して、検査を受けた上で実施しましょう。

通電療法

「痛みのある部位を優しくさすったら痛みが軽減した」、このような経験はありませんか?これは、「ゲートコントロール」と呼ばれる科学的な仮説です。

脊髄経路や末梢神経に刺激が加わることで、刺激を止めた後も痛み抑制の効果が続くことが知られています。

この原理を応用した保存療法が、通電療法です。脊椎付近に電極を埋め込み、電気的な刺激を与えることで痛みを緩和します。

専用の針で電極を埋め込むときは局所麻酔で済みますし、不要になった場合は電極を取り除くことで元の状態に戻せます。

通電療法は体への負担が少なく、薬物アレルギーがある人でも実施できます。心臓にペースメーカーを入れている人も専門医の元で行えるので、通電療法を試してみたいという人は医師に相談してみてください。