頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » この病気は何?頸部脊柱管狭窄症以外の脊柱・脊髄の病気

この病気は何?頸部脊柱管狭窄症以外の脊柱・脊髄の病気

頸部脊柱管狭窄症以外にも、脊柱・脊髄関連の病気はたくさんあります。このカテゴリでは、それらの代表的な病気について解説しています。

こんな症状があったら脊柱・脊髄の病気かも

脊柱・脊髄の異常でみられる病気は以下のような症状がでることが多いです。

  • 激しい腰痛
  • 足や首のしびれや痛み
  • 排尿器官の違和感
  • 指先の運動障害
  • 歩行障害
  • 腕や肩の痛み、上がらない
  • 首や後頭部の痛み

これらの症状がみられたら、脊柱・脊髄の病気かもしれません。

以下に頸部脊柱管狭窄症の他、脊柱・脊髄にかかわる病気をまとめました。それぞれのページで詳しい症状や原因、治療法を紹介しています。

脊柱・脊髄に関連する病気

このカテゴリで扱っている病気は以下の通りです。

頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)

骨や軟骨が変形する、変形性脊椎症(へんけいせきついしょう)が悪化し、脊椎を圧迫することで発症します。主に加齢が原因です。

【こんな症状があったらチェック】

  • 足や首のしびれや痛み
  • 排尿器官の違和感

頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんヘルニア)

頸椎が圧迫されたり、傷ついたりすることで発症します。高齢者は、振り返るなどの軽い衝撃が原因になることも。

【こんな症状があったらチェック】

  • 片側だけの肩や腕の痛み
  • 手足の違和感
  • ボタンをつけるなど、細かい動作がしにくい

頚椎後縦靱帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)

原因不明の、靭帯が骨のように固くなってしまう病気です。

【こんな症状があったらチェック】

  • 手足のしびれ
  • 指先の運動障害
  • 歩行障害
  • 腕や肩が上がらない
  • 首や後頭部の痛み

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

当サイトで紹介している、頸部脊柱管狭窄症の腰部分で発症する病気です。

【こんな症状があったらチェック】

  • 腰痛
  • 足のしびれ
  • 腰周りの違和感
  • 排尿障害
  • 間欠跛行(かんけつはこう)など。

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア)

日本人の1/100人が発症するといわれている病気です。他の病気とは違い、若い人によく発症します。

【こんな症状があったらチェック】

  • 唐突な腰痛
  • 足の痛みやしびれ
  • 歩行困難
  • 排尿障害

胸腰椎圧迫骨折(きょうようついあっぱくこっせつ)

胸から腰にかけた範囲で、脊椎にある椎体が骨折してしまう病気です。

【こんな症状があったらチェック】

  • 胸から腰にかけた範囲での骨の痛み
  • 足のしびれや麻痺

腰椎すべり症(ようついすべりしょう)

50代~60代の女性に多くみられる、腰部脊柱管狭窄症とよく似た病気です。腰部に激しい痛みがあります。

【こんな症状があったらチェック】

  • 足腰の痛み
  • 足のしびれ

どの病気も似たような症状が多いので、症状から自分でどの病気か判断するのは難しいと思いです。もし脊柱・脊髄の病気かもと思ったら、自己判断をするのではなく、すぐに専門医で診てもらいましょう。