頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » この病気は何?頸部脊柱管狭窄症以外の脊柱・脊髄の病気 » 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

比較的患者数が多いと言われる腰の病気、腰部脊柱管狭窄症について、その原因や症状、治療法などを解説します。

腰部脊柱管狭窄症とは

「ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう」と読みます。

腰の部分にある背骨の「脊柱管」という組織が、何らかの理由で狭くなってしまい、脊柱管の中にある神経の束が圧迫される病気です。

若い人から高齢者まで幅広い年代で発症する病気ですが、特に60代以上の高齢者に多く見られます。

腰部脊柱管狭窄症の症状

  • 腰痛
  • 足のしびれ
  • 腰周りの違和感
  • 排尿障害
  • 間欠跛行(かんけつはこう)など。

間欠跛行とは少し歩くと、すぐに少し休まなければならないような状態のこと。高齢者に多く見られる症状です。

この病気の主な症状は、腰痛です。個人差はありますが、発症した人のほとんどに腰痛が感じられます。なかには立ち上がることも困難なほどの腰痛を感じる場合もあるようです。

なお足の症状は、両足に見られる場合と、片足だけに見られる場合があります。

まれな例ですが、腰痛以外の症状のみ自覚することもあるそうです。

腰部脊柱管狭窄症の原因

直接的な原因は、脊柱管が狭くなること。脊柱管が狭くなる原因は大きく分けると次の2つです。

  1. 先天性
    生まれつき脊柱管が狭い
  2. 加齢
    加齢にともない「変形性脊椎症(へんけいせきついしょう)」や「変性すべり症」などの背骨付近の不具合で脊柱管が狭くなることもあります。

なお脊柱管は、加齢とともに誰でも狭くなるので「脊柱管が狭くなる=腰部脊柱管狭窄症」というわけではありません。

脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されて「足のしびれ・腰周りの違和感・排尿障害・間欠跛行(かんけつはこう)」等が出ている場合、腰部脊柱管狭窄症と診断されます。

腰部脊柱管狭窄症の治療法

治療法は症状のレベルに応じて主に2つに分けられます。

保存療法

症状を緩和するために、以下のような治療をしながら経過観察をします。

  • 消炎鎮痛剤や血流改善薬などの薬物投与
  • 激痛を緩和するための神経ブロック
  • 牽引や温熱などによる理学療法など。

これらの治療をしながら、症状が落ち着くのを待ちます。

手術

保存療法で改善が見られない場合などは、手術を行います。手術の目的は、脊柱管を広くして神経の束への圧迫を取り除くこと。

脊柱管の状態に応じ、開窓術(かいそうじゅつ)・椎弓切除術(ついきゅうせつじょじゅつ)・脊柱管拡大術(せきちゅうかんかくだいじゅつ)のうちから、手術法が選択されます。

なお重症の場合には、患者本人の別の部位の骨を移植もしくは、金属を用いて脊椎を固定する手術が同時に行われることも。

手術後は数日間の安静とリハビリが必要です。