頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

HOME » その首の痛み、もしかしたら頸部脊柱管狭窄症かも? » 自己診断セルフチェックシート

自己診断セルフチェックシート

首の後ろが痛いなど、もしかして自分は頸部脊柱管狭窄症かも……。そんな人が気軽に試せる、セルフチェックシートを作ってみました。

首の後ろが痛い?ひょっとして頸部脊柱管狭窄症?

頸部脊柱管狭窄症には、首の後ろが痛い、腕がしびれるなど、さまざまな症状があります。

少しでも異変を感じたら、医者に相談するのが一番ですが、念のため自分でもチェックしましょう。

 

≪頸部脊柱管狭窄症 self check!!≫

※自分が該当するところだけ、チェックを入れてください

質問1:あなたの年齢は? 50歳以上
質問2:首まわりや肩の筋肉の強ばりや極度のコリ、痛みがある YES
質問3:腕が重く、だるさを感じる YES
質問4:肩こり、首の痛み、頭痛などを同時に感じる YES
質問5:握力が弱って力が入らず思うように手が動かせない YES
質問6:上肢(腕から手指にかけて)に強い痛みやしびれがある YES
質問7:以前、首に負担がかかるスポーツや動作を長期間続けていた YES
質問8:前腕の外側から親指や人さし指までにしびれや痛みが走る YES
質問9:中指・小指・薬指といった指先にしびれや痛みが走る YES
質問10:貧血気味で、ときどきめまいがする YES
質問11:首を曲げたり、ひねったりする癖がある YES
合計:

※合計が7点以上だった人は要注意、またはすでに頸部脊柱管狭窄症の可能性があります。
※なるべく早く、専門医がいる病院・クリニックで診断を受けてください。

当サイトおすすめの品川志匠会病院で診てもらう>>

 

頸部脊柱管狭窄症は徐々に悪化していきます

セルチェックシートはあくまで参考ですが、合計点数が高ければ高いほど、頸部脊柱管狭窄症の疑いが濃いのも事実。

とくに、「首の後ろが痛い」「手が思うように動かないときがある」と感じている人は、専門の医療機関ですみやかに診てもらってください。

頸部脊柱管狭窄症は、急激に症状が進行するわけではなく、徐々に悪化していくため、自覚しにくいのが特徴です。また、症状が停滞することがあっても、放っておくことで、決して自然に治るものではありません。

  • 「ちょっと調子が悪いのはもう歳だから」
  • 「仕事が忙しかったから」

こんな気持ちで、そのままにしておくのは要注意!

首は、神経や血流、呼吸など命にかかわる大切な場所。用心にこしたことはないのです。

診察、治療にあたっては、できるだけ専門性の高い医療機関を選びましょう。

頸部脊柱管狭窄症の症例をあまり扱ったことがない、手術が得意ではない病院で診察を受けるのはおすすめできません。

専門的な治療が受けられず、結局は専門性の高い病院で診てもらうことになり、実際のところ、二度手間や三度手間になることも珍しくないのです。

頸部脊柱管狭窄症は、名医に治療してもらうことが大切です。