首の痛み、腕・手のしびれよさらば! 頸部脊柱管狭窄症の治療専門医大全

頸部脊柱管狭窄症の名医がいる病院ならココ!

頸部脊柱管狭窄症とは

頸部脊柱管狭窄症とは、頸部(首の部分)の脊柱管が狭くなり、脊髄や神経根が圧迫されて起きる症状です。

脊柱管は「頭部と体をつなぐ重要な部分を守る役割」を担っているので、脊柱管が狭くなると、神経や脊髄が圧迫され、痛みやしびれといった症状が現れるようになります。

初期症状として、肩こりやめまい、頭痛などが見受けられますが、症状が悪化していくと歩くことが困難になったり、日常生活に障害を及ぼしたりするのです。

頸部脊柱管狭窄症の原因

頸部脊柱管狭窄症となる要因には、先天的なものと後天的なものがあります。

  • 先天的なもの→遺伝で生まれつき頚椎の脊柱管が狭い
  • 後天的なもの→骨の変形や椎間板・靭帯の突出

後天的な頸部脊柱管狭窄症として、体力の衰えや若い頃に受けた体のダメージなどが当てはまります。

  • 加齢による老化(老化が原因の人が圧倒的に多い)
  • 運動や事故で首に衝撃を受けた
  • 首に負担のかかる姿勢を長時間続けている

頸部脊柱管狭窄症は、50代~60代頃になると症状が見受けられますが、変性は20代から少しずつ始まっていると言われていますので、なるべく首に負担がかからないように日常生活でも気をつけるようにしましょう。

頸部脊柱管狭窄症を治すために

当サイトでは、頸部脊柱管狭窄症の治療に役立つ情報をまとめています。

  • 首のまわり、後ろが痛む
  • 首まわりや肩に極度のこりや強ばりがある
  • 上腕がしびれたり痛みを感じたりする
  • 指がしびれたり自由に動かないことがある
  • 握力が弱って思うように物をつかめない

このような症状でお悩みの方は、頸部脊柱管狭窄症の恐れがあります。頚椎系の病気は命にかかわる重大な疾患。手術で完治させるのが理想的です。

当サイトを参考に、まずは実績のある病院で診察を受けてみましょう。

頸部脊柱管狭窄症の治療実績がある病院BEST5

 

品川志匠会病院  公式サイト:http://www.shisyokai.jp/

 

品川志匠会病院

 

所在地

東京都品川区北品川1-29-7
実績
  • グループ在籍医で8,000件以上の手術実績
  • そのうち理事長の大田医師が5,000件以上
  • 在籍医全員が専門医
  • 脊椎外科指導医5人
特徴
  • 首・腰に特化した唯一の専門病院
  • 医療技術が高く、退院までの期間が短い
  • 国内に数台しかない医療機器を装備
  • 2013年開院で施設が清潔できれい
  • 入院中の食事も評判
  • 横浜にも姉妹院あり
 

九段坂病院  公式サイト:http://www.kudanzaka.com/

 

九段坂病院

 

所在地

東京都千代田区九段南2-1-39
実績
  • 脊椎・脊髄手術実績、年間1,035件
  • 1日平均3件前後の手術数
特徴
  • 脊椎脊髄専門の整形外科開設
  • 中井院長は完全予約制と支持が厚い
  • 院長の初診は紹介状が必要
  • 予約優先なので待ち時間が短い
  • 1926年設立の歴史ある病院
 

済生会川口総合病院  公式サイト:http://www.saiseikai.gr.jp/

 

済生会川口総合病院

 

所在地

埼玉県川口市西川口5-11-5
実績
  • 年間804件もの脊椎手術数
  • 整形外科は脊椎・上肢限定
  • 20年以上、脊椎を専門治療
特徴
  • 救急などを除き、脊髄脊椎専門で診療
  • その他関節の手術などは連携病院で対応
  • 日本整形外科学会の研修施設
  • 入院は通常5日~3週間程度
 

横浜市立みなと赤十字病院 公式サイト:http://www.yokohama.jrc.or.jp/

 

横浜市立みなと赤十字病院

 

所在地

神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
実績
  • 脊椎疾患症例の年間診察実績297例
  • 整形外科での合計手術件数は1,038件
特徴
  • 脊椎疾患の専門医が4名在籍
  • 脊椎疾患のセカンドオピニオン外来あり
  • 災害拠点病院として指定されており、診療体制・救護体制は万全
 

東京山手メディカルセンター 公式サイト:http://yamate.jcho.go.jp/

 

東京山手メディカルセンター

 

所在地

東京都新宿区百人町3-22-1
実績
  • 1日あたりの平均外来患者数約1,133人
  • 頚椎症性脊髄症の年間手術数27件
  • 頸椎後縦靱帯骨化症の手術数年2件
特徴
  • 専門の脊椎脊髄センターを開設
  • 最先端の医療技術を随時導入
  • 治療方針は患者ともに検討

★注目ポイント★

  • 実績…頚椎症性脊髄症をはじめとした頸椎系の治療・手術数は十分か。
  • 特徴…設備や診療科目の特化など、頚椎症性脊髄症治療の専門性は高いか。

頚椎症性脊髄症治療に不可欠なこの2点を中心に、総合的に注目しました。

ピックアップの病院はこちら

全国に存在する病院の中から、頸部脊柱管狭窄症の治療にしぼって調査しました。今回は品川志匠会病院をピックアップ。

■特化した専門性

品川志匠会病院の外観東京・品川エリアにある品川志匠会病院は、首と肩の診療に特化した専門病院です。

病床数66床を持ち、脊椎専門の「病院」と名乗れる医療機関は日本でもここだけとのこと。

首・肩の治療に特化しているため、在籍している医師やスタッフ全員の専門性が高いのが特徴です。

これまでの手術数は、理事長の大田快児医師の5,000件以上をはじめ、グループ在籍医全体で8,000件以上もの実績があります。頸部脊柱管狭窄症のあらゆる症状に対応できるのが強みです。

その高い医療技術力を頼りに、全国から新幹線や飛行機で訪れる患者さんも多数いるようです。

■高い医療技術力

品川志匠会病院の治療室医療技術力の高さは、永続的な後遺症の症例が0件という点にも表われています。

筋力低下などの一時的な後遺症は避けられないですが、永続的な生涯残るような後遺症があった患者はこれまで1人もいません。

また、医師のもつ熟練の技術力は、術後から退院までの日数の短さにも反映されています。

首の治療なら5日ほど、腰の固定術なら10日~14日ほどで退院できるほか、頚椎椎間板ヘルニアの前方固定手術であれば、当日に離床する患者さえいるのだとか。

また、チーム医療にも積極的に取り組んでおり、グループ内医師の治療方針を統一する努力を10年近く続けているそうです。

こうした高い医療技術力も、実績の豊富さに裏打ちされたものといえるでしょう。

■最新設備の導入

品川志匠会病院は、2013年11月に開院したばかりの新しい病院です。そのため、院内の設備も最先端の医療機器がそろえられています。

とくに、Gスキャン、EOSイメージングシステムという先端機器の両方が設置されているのは、2014年8月時点で日本でも品川志匠会病院だけです。

GスキャンGスキャンはオープンタイプのMRI(核磁気共鳴画像法)で唯一、立位や座位での画像を撮ることができます。

これまでの治療は、脊柱管狭窄症は横になって検査すると、患部が引っ込んだり矯正されたりして、病変見えにくかったのですが、Gスキャンを使えば普通に立っている状態で撮影できるため、病変がはっきり描出されるのがメリットといえるでしょう。

 

EOSイメージングシステム一方のEOSイメージングシステムは、先端技術により非常に少ない線量で、正面と側面の立位全身撮影ができ、そのデータを基に3Dモデリングを作成することが可能です。

これにより、側彎症や後彎症などの診断に必要なデータを、より正確な計測値として得られるため、詳細なデータをもとに治療や手術をすることができます。

ほかにも、品川志匠会病院では脊椎の三次元画像情報を確認できるOアームの導入など、手術の安全性をより高める設備も積極的に導入しています。

新しい病院だけに院内も清潔ですから、診療の前後も心地よく過ごすことができるでしょう。

ライン

品川志匠会病院は頸部脊柱管狭窄症の専門病院として、あらゆるノウハウと実績のある医療機関。

新規患者の85%は、過去に手術を受けた人 or 各医療機関からの紹介で来院していることからも、口コミによる評判の高さ、信頼性がうかがえます。

頸部脊柱管狭窄症の手術法

頸部脊柱管狭窄症を発症した場合、手術が必要になることがあります。ですが、すぐに手術を行う訳ではなく、次のような流れで手術を行います。

手術を行うまでの流れ

  1. 保存療法を続けて経過を診る
  2. 手術を検討
  3. 手術を実施する(緊急手術の可能性)

薬による症状の改善、リハビリなどの運動療法のことを保存療法といいます。この保存療法を約半年続けると、約7割の患者さんの症状を改善することができるのです。

しかし、痛みや痺れといった症状が改善できない場合は手術を検討します。医師から手術を提案されるのは、CT(コンピューター断層撮影法)スキャンやMRI(磁気共鳴画像)によって、脊柱管に狭窄が認められた場合です。

また、足腰の痺れや排尿・排便障害がある場合は、緊急手術が必要です。

緊急手術が必要な理由

足腰の痺れや排尿や排便に障害があると、馬尾(ばび)という脊髄の末端にある神経の束に異常が起きています。この馬尾は、手足を動かしたり熱さや痛みといった知覚を伝えたりする働きがあるのです。

他にも、排尿や排便のコントロールも行うため、すぐに手術を行わないと危険です。日本整形外科学会は48時間以内に緊急手術を受けるべきと明示しているので、その場合はすぐに手術を受けましょう。

頸部脊柱管狭窄症の手術は2種類

頸部脊柱管狭窄症の手術は頸椎前方固定術と椎弓形成術の2種類です。

1.頸椎前方固定術

  • 患者さんは仰向けで、全身麻酔をして手術用顕微鏡下で行う
  • 前方から頸部を切開して、動脈や静脈などを傷つけないように頸椎の前面にたどり着く
  • 頸部の一部を削って、脊髄へと進む
  • 脊髄の神経を圧迫しているヘルニアや骨棘(こつきょく)をとり除く
  • 腰の骨を移植して削った骨の代わりにする

手術後はベッドで安静にして、固定装具を首に取り付けます。この固定装具は骨がつくまで装着しないといけないので、約1~3ヵ月間はかかるでしょう。

2.椎弓形成術(脊柱管拡大術)

  • 患者さんはうつ伏せで、全身麻酔をして手術用顕微鏡下で行う
  • 首の後ろから皮膚を切開し、椎弓に到達して切り込みを入れる
  • 切開して患者さんの他の骨か、人工骨を入れて脊柱管を広げて圧迫をとり除く

手術後はベッド上で安静にしないといけませんが、術後1~3日目で歩くことができます。椎弓形成術の場合は、固定装具の取り付けをしないことが多いです。ただし、患者さんの状態や骨のつき具合によって固定しないといけません。

頸部脊柱管狭窄症の手術はこの2種類なので、医師と相談してどの方法で行うのか決めましょう。

手術だけではない!頸部脊柱管狭窄症の治療法

頸部脊柱管狭窄症は緊急手術を行う状態でなければ、手術を受けなくても症状を改善することは可能です。

手術を受けたほうが確実に治療できますが、場合によっては後遺症が出ます。そのため、手術ではなく保存療法による治療を受ける人も多いです。手術以外の治療法について紹介します。

温熱療法・通電療法

患部を温めることで、痛みを和らげて血流の改善ができるのが温熱療法と通電療法です。温熱療法はホットパックや温湿布を患部に貼って治療します。

通電療法では、超音波や干渉波治療器から電気を通して、筋肉をほぐして血流を改善することが可能です。

牽引療法

牽引療法(けんいんりょうほう)は腰を引っ張る動きと、それを緩める動きを交互に行うことで椎間板や神経への圧迫を緩和します。

ただし、首の痛みが強い時に行うと悪化する可能性が高いです。そのため、他の治療法で痛みを和らげてから行う治療法です。

運動療法

運動療法は、患者さんが自分から動いて行う治療法です。安静にすることも大切ですが、体を動かさないと筋肉が凝り固まったり筋力が低下したりして血液の流れが悪くなります。

それを改善するために、運動を行い筋肉を鍛えて、筋力を回復させ、心身ともにリラックスできます。激しい運動ではなく、ストレッチや首の体操を行い、首に負担をかけないようにします。

薬物療法

薬の効果で症状を改善させるのが薬物療法です。狭窄している箇所は、血流が悪くなり痛みが生じるので、鎮痛剤で和らげます。

他には、血流を促すための血管拡張剤や、神経の修復を促すためのビタミンB12製剤などを使用します。

神経ブロック療法

神経ブロック療法は、局所麻酔薬を注射することで神経を一時的に麻痺させることができます。それによって、脳からの痛みの信号が来ないようにできるのです。

神経ブロック療法は、温熱療法や薬物療法などの治療法で効果がなかった場合に行います。また、この治療は痛みを和らげる効果がありますが、血圧低下を招く可能性があります。ですから、医師からの説明を聞いてから治療を受けるようにしてください。

このような保存療法を行うことで、頸部脊柱管狭窄症を治療することができます。ただし、手術と違ってすぐに効果が現れる訳ではなく、改善まで時間がかかるでしょう。

手術によってどのような後遺症が出る可能性があるのか、確認してからどちらを受けるか決めましょう。

頸部脊柱管狭窄症の手術の後遺症について

頸部脊柱管狭窄症は指定難病に入るのか?

指定難病とは?

指定難病とは平成27年から施工された医療に関する法律です。この指定難病は、治療方法が確立されていない、発症する理由が明らかになっていない病気のことをいいます。

これらの条件に当てはまる病気を発症した場合、医療費を助成してもらうことができます。ですから、自分で払う治療費の負担を軽減できるのです。

頸部脊柱管狭窄症は指定難病?

頸部脊柱管狭窄症は指定難病に含まれてはいません。しかし、発症した原因が指定難病に含まれる病気によって起きた場合は、医療費助成を利用することが可能です。

その病気は、後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)という病気です。靭帯は帯状の繊維製組織で、脊柱管の内部の後方に走っている靭帯を後縦靭帯といいます。

しかし、後縦靭帯が骨のように硬くなって、厚くなることが後縦靭帯骨化症です。発症する原因は糖尿病や老化現象、遺伝的要素以外にも、様々な要因が関係しています。そのため、原因を特定できず指定難病の対象となりました。

骨となる脊椎は一箇所ではなく、頸椎で発症することもあります。そのため、頸椎で起きた骨化症によって、脊柱管を圧迫して頸部脊柱管狭窄症を発症することもあります。

骨化症を治療しない限り、脊柱管狭窄症も改善することができないので、医療費助成を受けて治療することをお勧めします。

医療費助成を受ける手続き

医療費助成を受けるためには、手続きと審査が必要です。まずは医師によって指定難病と診断されてから、保健所で申請を行います。

その後に、保健所から各都道府県で、指定難病かどうか、症状が一定以上進行しているかを審査します。審査が終わり、医療費助成の対象であれば助成金が支給されます。

申請手続きは各都道府県によって異なるため、都道府県のホームページで手続き方法を調べるようにしましょう。

手続きには次の書類が必要になります。

  • 特定医療費の支給認定書
  • 診断書(臨床調査個人票)
  • 住民票
  • 世帯の所得をできる書類
  • 保険証の写し

他にも必要になる書類がありますが、症状によって異なるので必ず確認しておいてください。

指定難病の治療費の助成は、指定医療機関で治療を受けた場合のみ助成されます。

ですから、それ以外の医療機関での治療費は助成できません。また、申請する前の治療も助成されないため、後縦靭帯骨化症が判明した場合、すぐに申請したほうがいいでしょう。

「患者さんと医師は、疾患に立ち向かう“同志”であり“戦友”」

医師と患者はフィフティー・フィフティーであるとの立場を貫き、同じ目標を持って病気とともに闘う、同志であり戦友として、信頼関係を築いたうえで治療に携わっているのも魅力でしょう。

同院のグループには、神奈川県に新横浜スパインクリニックもあり、品川志匠会病院と同様の治療を受けることができます。

ぜひ、足を運びやすい方の病院をチェックしてみてください。

頚椎症性脊髄症の治療をするなら

技術力の高い病院へ

頸部脊柱管狭窄症の用語集

頸部脊柱管狭窄症という病のことを知り、「もしかすると自分もこの病なのかも」と考えて、ネットでたくさんの情報を集める人は少なくないはず。

しかし、この頸部脊柱管狭窄症はあまり一般的に知られる病ではないので、一般の人向けのサイトが少なく、どのサイトを見ても難しい医療用語が多く現れてしまいます。この病のことを詳しく知りたいと思っても、専門用語のせいで内容がわかりにくいという人も多いでしょう。

そこで、頸部脊柱管狭窄症に関する医療用語を解説します。病の原因や治療法に関わる用語を知ることで、どういった病なのか、またどういった治療法を受けるのか、といった不安感を解消することができるでしょう。

頸部脊柱管狭窄症の用語集はこちら

コンテンツ一覧